誰も読むことのない主婦の日々

My WordPress Blog

レーザー脱毛の仕組み

| 0 comments

レーザー光線は波長の長さによって特定の色や物に反応して働きかけます。そのような働きを脱毛に利用したのがレーザー脱毛です。

脱毛の手順として、まず肌から上に出ているむだ毛はレーザーに当たらないように剃っておきます。

肌にレーザーを当てると皮膚の下にある毛の黒色の部分にだけレーザーが働きます。

毛はレーザーの熱を吸収し毛根の奥にまで伝わり毛母細胞が破壊されます。
皮膚の中の毛は自然と抜け落ち、新しい毛は毛母細胞が破壊された為に生えてきません。

このような仕組みでレーザー脱毛が行われています。
毛は生える周期が毛根によってそれぞれ違うので、一回の施術では終わりません。

個人差はありますが、黒色メラニンが発達してきたころを狙って、一か月半から2か月置きぐらいに数回施術することになります。

また、気になるのが痛みです。細胞を破壊するので多少の痛みはありますが、医療機関では痛みの苦手な人の為に麻酔も用意してくれます。

便利なレーザー脱毛ですが、レーザーには向かない部分もあります。
例えば男性のひげのような太い毛が密集しているところや、色素沈着を起こした部分は肌そのものにレーザーが働いてしまうので向いていません。

そのような部分には絶縁針脱毛が向いています。
また、レーザーは特定の色に働く性質の為、黒く太い毛の方が効果がありますが、細くて色の薄い産毛などは効果が現れにくいです。
しかし機種によっては使用できるケースもあるので、事前に相談することが大切です。
心斎橋でレーザー脱毛をしましょう。

Leave a Reply

Required fields are marked *.